Category

News

2017/12/25
定番の投資分野にチャレンジを更新致しました。
2017/12/25
優良物件の特徴を更新致しました。
2017/12/25
資産活用と税金の話を更新致しました。
2017/12/25
スマートな経営を実現するポイントを更新致しました。

不動産を有効的に活用できるアパート経営

これから超高齢化の時代を迎えるにあたっては、多くの人が自分の将来に不安を感じているはずです。そのため、近年では自分の老後をより豊かなものとするのを目的に様々な資産の運用を行う人が増えています。資産の運用方法というものは現在では多数あり、なかでも有名なものとして株式投資があります。
株式投資では短期間のうちに大きなリターンが期待できる半面で株式の暴落などのリスクが常に付きまとっており、自分の資産のほぼすべてを株式投資で運用をするのは非常に危険性が高いと思われます。それに対して自分が所有している不動産を有効活用するアパート経営では安定的な家賃収入が長期的に期待できるだけではなく、いざというときには不動産を売却することによってすぐに現金化できるというメリットもあります。また、アパート経営は基本的に大家である人が何かをしなくてはならないということがないため、本業を持っている人やすでに退職をされた人でも参入しやすい分野ということができます。
特に労力を必要とせずに月々の家賃収入が得られるというのがアパート経営では大きなメリットとなっているのです。アパート経営に興味がある方はまず手始めに賃貸経営について自分なりでいいので情報を集めることから始めてみてはいかがでしょうか。

固定資産税とリスク回避

大切な資産の運用方法のひとつとして不動産投資があります。不動産投資の場合、株式投資などのような投機的な投資と比較して価格の暴落などのリスクが低く、売却による換金性が高いというのがその理由です。しかし、ただやみくもに不動産を購入していればいいというわけではなく、自分の所有している不動産は有効的に活用することが大事です。なぜならば、不動産を所有している場合には毎年、固定資産税を支払わなくてはならずただ不動産を所有しているだけでは資産は徐々に目減りしていってしまうからです。そこで不動産を有効的に活用できる方法としておすすめできるのがアパート経営です。
アパート経営は文字通り、アパートの一室を貸し出して家賃収入を得ていくというビジネスですが、その魅力は家賃収入が毎月入ってくるというところです。入居者がいる限り、この家賃収入はアパート経営をやめるまでずっと続いていくことになるので安定的な収入の柱となってくれます。ただし、アパート経営にもそれなりのリスクもあります。
災害や空き室のリスクなどがそれに当たります。ただし、このようなリスクに関してはアパート経営を始めるにあたって十分な対策をしておくことで深刻なリスクとなってしまうことをある程度は回避することができます。

PICK UP

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加