家族名義で大阪の不動産担保ローンを組む場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分名義で不動産担保ローンを借りる場合もありますが、親名義での利用を考えている場合もあります。不動産が親名義であったり、自分の収入が不安定などライフスタイルに合わせて用いることも選択肢の一つになります。
たとえ親や配偶者であっても、同意が得られたら不動産担保ローンを契約しても問題ないでしょう。大阪で資産価値が相応にある担保があれば、会社側としても返済の見込みを立てられます。たとえ自分の収入が減り返済が難しくなった場合も、返済保証を確認することが可能です。そのため、不動産所有者が親で返済や借主は子どもといったケースも少なくありません。
ただし契約する前に親族を交えて入念に話し合いをしなければ、後々トラブルにも繋がりかねませんので注意すべきポイントとなるでしょう。

元本割れした場合など返済が困難な場合

ご自身のライフスタイルが変わったり大阪の不動産における土地価格が下がった場合には、元本割れが生じてしまいます。もちろん、不動産担保ローンは残っていますから、いかなる状況でも完済するまで返済しなければなりません。
元本割れをした場合は、再度不動産担保ローンの組み直しをしてもらえる場合もあります。ただし残っているものがあれば二重に支払う形となり、その分負担も大きくなります。
担保を組むにあたり、土地が広くても資産価値が低いと高額にはなりません。不動産担保ローンの査定を受けるにあたって実績のある業者に依頼することはもちろん、借りる前に大阪の不動産鑑定士などの専門家に予め相談する方法もあります。

不動産担保ローンと贈与

生前贈与の用途として、不動産担保ローンを利用するポイントはあります。親名義で利用する際、借りるのは本人で契約は親という仕組みです。特に高齢だったり判断力が乏しい状況にあれば、利用するケースもあります。贈与税対策の一環として、2,500万円までなら税金控除が受けられます。担保のある方で不動産担保ローンを組む際の判断が難しい状態にある場合は、成年後見人など第三者に入ってもらうと良いでしょう。
夫婦で不動産担保ローンを利用していた場合、離婚などで借り換えが必要な場合も出て来ます。その場合は、再度借り換えの必要が生じます。大阪の業者によっては、リースバックやつなぎ資金のサポートもしてくれる場合もあります。アフターフォローが充実していると、ライフスタイルが変わった場合でも心強いです。