不動産担保ローンを大阪で組む際の必要書類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産担保ローンを組むにあたり、相応の金額を借りることになります。大阪をはじめ、提供している会社では信頼を確認するために必要書類の提出を求めてきます。
初めて不動産担保ローンを利用することになれば、必要書類の提出など戸惑いや不安な面も出てくるでしょう。スタッフと直接対面しなくても、コールセンターやウェブ上を用いて仮審査を受けられる会社もあります。必要書類を提出してから、審査が始まり金額の相場を提示される仕組みとなっています。相談を無料でしてもらえる会社だと、敷居が低く感じられるでしょう。わからないことがあっても、一人一人に寄り添って応えてくれるところであれば、中長期的に安心してサービスを受けられることに繋がります。

審査時の必要書類について

大阪で不動産担保ローンを組むにあたり、必要書類が複数あります。担保とする物件について、詳しく確認できる不動産登記簿謄本も一つです。土地の形状や地番などの位置関係を確認できる公図は、正確な地番を確認することができます。地積測量図も、詳しいことを記載されていて不動産の資料として欠かせません。新築や増築時に登記の添付に欠かせない建物図面も、形状や寸法を記されています。
各種、大阪をはじめ不動産のある法務局に行くと取り寄せることはできます。ただし、不動産登記法改正前に登記されているものでは建物図面がないこともあります。測量の分筆をしていない場合は、地積測量図はありません。やむを得ない事情で揃えることが難しい場合は、不動産担保ローンを受ける前に相談すると良いでしょう。

契約時に必要とされる書類

契約を組むにあたって、土地や不動産の価値がわかるものの提出は必要です。しかし、不動産担保ローンを支払するのは借りた本人です。
本人確認できるもの以外で収入証明書を提出して、安定した賃金の有無を把握しなければなりません。会社員なら源泉徴収票で、個人事業主なら確定申告書類となります。家族がいる場合は、世帯全員の記載がされている住民票も提出することになるでしょう。抵当権設定や金銭消費貸借契約などの手続きを行う場合には、印鑑登録証明書の提出も必要です。その他として土地の権利証もありますが、近年では登記識別情報として12桁の符号化をされています。
これらは大阪などの住民登録をされている市区町村に行くと、揃えることができます。24時間受付をしているコンビニに行けば、発行してもらえる書類もあります。